バスタで200!粘る!ブログ

バスタで200!粘る!ブログ

Just another WordPress site

引越しの時の運搬と設置に対して気になる点

読了までの目安時間:約 16分

 

転居時に、運搬と設置に少し注意したい家電と言えば洗濯機、というのは間違いないでしょう。水を毎日大量に使う家電ですから必ず、近くに水道がある場所に置かれるはずです。浴室の近くに設置されることの多い洗濯機ですが、周囲は湿気がこもりやすく、そして、そうそうあることではありませんが、洗濯機の排水溝から水があふれることもあり、常に湿気を排除するための換気と、水漏れ対策をしっかり行うようにします。自分の引っ越しといえば結婚のときですが、ヤマト運輸の独り身引っ越しサービスを使ってみました。ヤマト運輸に限らず、業者を利用した引っ越しというのは初めてでした。ですから電話でも緊張していたのを覚えています。ですが、スタッフ全員がきちんと対応していただき、作業も丁寧で荷物を任せるのに全く心配はありませんでした。次回引っ越しするときはまた状況が変わりますが、そこでもお願いしたいというのが率直な気持ちです。転居すると、転出・転入の手続きをしますが、引き続き使うためには、内容を更新しなければならないこともあるでしょう。例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。引っ越しの日が決まったところで、早めにNTTに連絡し、同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か確認しておきましょう。固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、引っ越し先が同じ市内局番エリアであれば、同じ電話番号を使うことができます。これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?荷造りでは手が汚れるだけでなく、カッターやはさみを普段やらない作業で使うので、ケガの危険性はかなり高いのです。また、荷物の移動を考えると、常に指詰めの危険性を考えないといけません。軍手なら何でも良いわけでなく、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手を買わなくてはなりません。それなら作業もしやすいですし、荷物も効率よく安全に運べますね。早いうちから、始めておいた方がいい引っ越し準備として必要な物と不要な物の選択をしていくと、どうしても不要物、しかも粗大ゴミが出てしまいます。引っ越し時に出る粗大ゴミなのですが普段のように、ゴミ収集日に出すことはできなくて、とにかくまず、自治体に粗大ゴミの処分について聞いてその通りに処分します。引っ越し日が近いのにゴミがまだまだある、という事態を避けるためにも、少量ずつまとめてなど、工夫しつつ処分を進めましょう。家族の人数が多く、荷物も多いので、ほとんどの引っ越し作業について、お任せするプランを利用しています。ところで、いつも、心付けをどの時点で渡せばいいのか、迷います。引っ越し作業についての料金は、それはそれで払うわけですが、長い時間働いてくれた、勤勉な人たちには、どうしても個人的にありがとうの気持ちを伝えたくなります。飲み物一人あたりペットボトル一本ずつと千円札一枚ずつをお配りしているのですが、よそのおうちではどうされているのか、知りたい気持ちがあります。引っ越しの前日までに、短時間で良いので何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。いつ引っ越し業者が来て、何時までに作業を終えなければならないかなど、時間とやることの調整をしておきます。できるだけ荷物は運び出しやすい場所に持っていき、当日の関係者のために冷たい飲み物が飲めるようにしておきましょう。熱中症予防のためにも、飲み物があると暑い時期の引っ越しでは心から喜んでもらえます。引っ越しに掛かる費用についてですが、これは多くの場合、想定以上に高くつくことになるようです。なので、業者の選択は費用面から見ても少し慎重になった方が良いかもしれません。料金は、例え距離と荷物の数が同じであったとしてもそれぞれの会社によって料金体系も異なりますので、それが金額の違いになります。無駄な費用をかけたくない、という人にご紹介したいのが、引越料金の一括見積もりができるサービスサイトです。幾つもあるサイトの一つを訪れ、必要な項目を書き込んで一括見積もりを依頼します。そうするといくつかの業者の、それぞれの見積もりを取れますから、金額を比べられ多忙な人にもおすすめできます。家を引っ越すというのは大仕事になります。するべきことがたくさん出てきますが、まずは、ライフラインの準備が必須ですし、その中でも水道は、とにかく水洗トイレが使えるようになりますし引っ越し前から新居に出入りするなら、大変重要です。いつ頃までに、水道を使えるよう準備できていると都合がいいかというと、引っ越し日前の忙しい時期は避けその上で、何かと困ることのないように、引っ越し当日の一週間程前に使用可能になっていたら、理想的です。引っ越しを専門の業者に依頼すると、その費用は全く同じ引っ越しの依頼だとしても、引っ越す時期によって決まります。旅行と同じく、春、夏、冬の休み中は引っ越しの増加とともに業者も忙しくなり、基本費用そのものが高くなることが多いです。事情が許すのであればいわゆる閑散期に引っ越しを実現できるとどの業者でもお得に引っ越しできます。なにしろ閑散期と繁忙期では、倍近く料金が違うこともあります。単身世帯の引っ越しでは、通常の引っ越しパックを利用するよりも独り身者向けパックを利用してみると費用の軽減ができます。専用のコンテナを使い、荷物を収めるというパックが多いので運べる荷物は多くないと考える方が多いでしょうが、思いの外、多くの荷物を入れることができます。若干荷物がはみ出すようなら、他の宅配サービスで送れば良いのです。もうそろそろ、犬を飼い始めて十年ほど経ちます。ずっと一緒に暮らしてますので、転居の時にはペットを飼っても良い、というマンションをがんばって見つけるようにしています。さて、ペット可のマンションにもいろいろありまして、できれば屋上にドッグランがあったりする、などといった設備の整った物件をみつけたいものです。少々家賃が高めでも、ペットと一緒の生活を続けたいと考えます。新居への引っ越しを済ませ、住所が変更になったのならもちろん、運転免許証の住所の記載についても変更の手続きを行なう必要が出てきます。ほとんど車に乗らないから、数年先の免許更新時までは現状維持で押し通す気でいる人も、少なからずおられるようです。ですが、自動車運転時の携行義務としてだけはなく、使用する機会が割と多いのが運転免許証です。携帯電話の新規利用を申し込んだり、機種変更をする場合に運転免許証を本人確認書類として使う人は多いです。銀行口座を作る時も必要になったりしますし、役所の手続きなどで必要なこともあります。そういったこともあり、住所変更手続きは早めに行っておいた方が良さそうです。引っ越しのやり方は色々ではあるものの、最近多いのは、引っ越し業者に梱包、運搬などすべてを任せるタイプのものです。ですが、大型の家具、重い白物家電など、傷つきやすい荷物が運搬されている間は、業者の作業を見ておいた方が良いです。作業しているスタッフがもし、そういう荷物を運んでいる最中に落として壊したりしてしまった場合には、引っ越しにまつわる約款によって、業者が補償を行ないますが、荷物についた傷は引っ越しの時ついた、と主張しないといけないからです。何か起こった時に写メなどを撮っておくのも良いでしょう。お店などで、何かをしてもらったタイミングでそれに対してチップを渡す、という習慣はまったく馴染みがありませんが、例外として、引っ越しの時は作業スタッフの面々にお金を渡すという人は、実は多いです。大変な仕事を、無事に終わらせてくれた作業員に感謝と労りの気持ちを表すために、お金を手渡したり、また、ペットボトルの飲み物や食べ物を渡す場合もあります。こういったことをする必要は、本来全くないのですが、そういった差し入れ等は、作業スタッフにとってやはり嬉しい、というのが本当のところのようです。就職で都会に出てきて一人きりの賃貸生活をすることになった時は、新居に運ぶ荷物が、数えるほどしかなかったので、これしかないと思ってクロネコ宅急便を使って引っ越しました。全部でダンボール数個分の荷物があるだけでしたから、トラックを使って自分で運ぶよりもずっとずっと安かったです。ある種の生活必需品、たとえば布団とかは買って済まそうとしていました。ですからそんな引っ越しもできたのだと考えています。退職して年金をもらうようになると、今までの生活が大きく変わることは確かです。これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。退職前にマンションにお住まいか、持ち家にお住まいか、いずれにしても生活そのものが大きく変わるとすると、様々な点で住環境が合わなくなるのではないでしょうか。今が借家や賃貸マンション、アパートのご家庭は特に家賃を払い続けられるかが問題になってきます。よりよい環境を求めて引っ越すのも賢明な選択だと言えます。引っ越しの際の挨拶回りなんて古いと思う方もいるかもしれませんが、やはりご近所トラブルを未然に防ぐという意味でも必要なものです。贈答品については、のしのマナーで悩む方も多いのではないでしょうか。あまり堅苦しいものも良くありませんので、外のしで表書きには御挨拶を、のし下にはご自身の苗字を記載すれば完璧ですね。引っ越しでは、ご自分が所有する車も住所変更届が必要になりますが、そのときナンバープレートも変更になるかと疑問に思うでしょう。ナンバープレートに関して、変わるかどうかは陸運局の管轄地域が問題になってきます。その前の居住地と、陸運局の管轄が変わらなければそのまま同じプレートを使って良いのですが、管轄が違う地域に引っ越すのであれば、ナンバープレートも変更しなくてはなりません。引っ越し専門の業者さんに見積もりを出してもらったのですが、えっと思うようなことがありました。実は、液晶テレビを運ぶのには特別な保険が必要だと言われたのです。わが家には40型の液晶テレビがありましたが、購入時に30万円以上したものは、保険をかけないと運べない規定になっているそうなのです。安心のためと割り切って、約1500円の保険をかけましたが、これで良かったのか他の方のお話を聞きたいです。家移りするということは、これまでの生活の後始末や、新しい生活への対応として物入りになるのはみんな同じで、引っ越しで業者を利用するにしても安くあげたいと思うはずです。利用したい業者の割引サービスは、どんなときに適用されるでしょうか。問い合わせてみても良いでしょう。他のサービス業でも同じですが、引っ越しの割引も年度末などの忙しい時期を外して引っ越しすることで閑散期料金になるシステムが大半なので、閑散期に引っ越しができるように進めていけるとベストです。電話回線の移動手続きも、引っ越しの時にはよく考えてみましょう。今は、固定電話があるのは当たり前という状況ではありませんが、転居後も固定電話が必要となれば、電話会社との契約、あるいは転出転入などの意外と時間がかかるやりとりが生じます。書類の往復に手間取っていると、契約が成立するまで電話回線が使えないので、引っ越しの多い時季には先手を打って必要な作業を進めていきましょう。よく質問がありますが、引っ越しの時の積み込みにかかる時間というのはこれは決して一定しておりません。部屋の階数、荷物の個数、そして作業する人数などにより全く変わってくるものです。ですから、あまり当てにはならないかもしれませんが一応、独り身の、最もコンパクトな引っ越しの場合で約30分、他と比べて相当荷物が多いご家庭の引っ越しなら2時間と少し程、普通の一般家庭の荷物であれば、30分から2時間くらいの間で済むと思っていて良いでしょう。1年のうち、春や秋は引っ越しが多い季節です。この時期と言うのは、大学入学や就職や転職といった環境が変わるイベントが多いことが要因でしょう。引っ越しは大変面倒臭いものだと聞きますが、各種の手続きが煩雑であるということが不満だそうです。引っ越しにおいて必要不可欠なガス、水道、市役所への提出書類など、二つの土地で行う必要がある手続きが重なるために、焦らない為にも計画的な作業が必要になるわけです。引っ越しのため、自分のものを全部整理しました。ぎっしり詰まっていたクローゼットの中身を全部出してみると、使わないものをためこんでいたことがわかって我ながら呆れました。服なんて持っていたことを忘れるくらい長くしまっていたものがありました。結果として、引っ越しをきっかけに不要なものを片付けることができて、自分の持ち物も、自分の心もスッキリしました。まだ社会に出たばかりの頃に友達と二人で部屋を借りて住んでいた時期がありました。ペット不可のアパートが圧倒的に多く猫を飼っている友達は猫を飼っても良い物件を苦労して探しました。いくつもの不動産屋を回り、猫が飼える物件に出会いました。すぐに入居でき、二人と一匹はとても幸せでした。引っ越しにより、いろいろな事務手続きが必要となってきます。特に重要なものとしては免許証など、自動車関連のものかもしれません。免許証は、登録してある住所を変更してもらうのですが便利な本人証明書という側面も大きいこともあって、ただちに手続きをすませてしまう人は多いです。しかし、同じように重要な、車庫証明の登録し直しについては、後回しにされてしまうことがあります。これについても警察署で手続きができますので、せっかくですから、同時に終わらせておきましょう。そうすると少しは楽でしょう。引っ越しには慣れていると思います。どのタイミングでガスを止めるか考えてしまいますが、事情が許す限り、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらうようにしています。引っ越し直前というのは、気力も体力も消耗するので引っ越し前夜こそ温かいお風呂にじっくり入って疲れを癒やすのが楽しみでした。そして、当日も、ガスを止めるまで温かいものが飲めれば気持ちが休まるのです。今から数年前に、自宅を新築して引っ越ししたときに、自分のデスクトップパソコンを壊さず運ぶことに神経をとがらせていました。このとき、3歳になる娘と1歳の息子の撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。運ぶときの衝撃でデータが壊れないようにたくさんのクッション材を使って梱包しました。パソコンが入っていることを知ると、実に慎重に業者さんが運んでくれたため中身に全く問題なく運ばれました。外側も傷一つありませんでした。転居先がごく近所であれば業者の手を借りずに引っ越しすることは可能です。方法ですが、最初の段階から自家用車を使って、荷物を運べる分だけ転居先に運びこみましょう。少量ずつ時間をかけて運んでいくことであまり積載量のない車を使っていても、かなりの荷物を運べるでしょう。そうはいかない大型家具については、トラックを借ります。このレンタルトラックで運送してしまうと良いです。この方法を実行できれば、費用は大きく削減できます。
相模原市 引越し 見積もり

 

この記事に関連する記事一覧